HOME>記事一覧>細胞を培養して病気の治療に使う最新の技術

目次

病気の治療に利用できる細胞

顕微鏡

幹細胞培養は多くの人に利用されるようになっています。人気のある理由としてあげられるのは、幹細胞培養の技術を利用することで、病気の治療をすることも可能だからです。人間の体は多くの細胞から作られていますが、幹細胞を培養して治療に使うことにより、これまででは不可能だった治療も可能になりました。ケガによって体の細胞が損なわれた時にも、幹細胞を利用して治療ができます。

病気の治療以外の目的にも使用できる

顕微鏡

病気以外のことにも幅広く利用できるところも、幹細胞培養の人気がある理由です。培養した幹細胞を利用すればアンチエイジングに使用することも可能で、高齢が原因で衰えていく細胞を作る体の機能を補うことができます。機能の衰えたひざも幹細胞を使用すれば治療することができ、ひざに幹細胞を直接注射することで、ひざを動かすために必要な細胞を体の内部で作りやすくできます。培養した細胞以外のものも使用できることも、幹細胞培養の人気がある理由としてあげられます。幹細胞を培養するためには専用の培養液を使用する必要がありますが、細胞を培養したこの培養液も病気の治療などに利用することができます。培養液にも体の再生に役立つ成分が含まれているので、捨てずに利用されています。