HOME>アーカイブ>再生医療にも活力!幹細胞培養について知識を深めよう

再生医療として注目!幹細胞培養とは?

骨髄や臍帯、脂肪といった間葉系幹細胞を培養することを指しています。培養液の中で培養された幹細胞を取り出した後の培養液が再生医療の現場で用いられています。

幹細胞培養はどんなところで使われている?

  • アンチエイジングの化粧品にエキスを使用します
  • アトピー性皮膚炎に対する幹細胞培養治療に用いられます
  • 変形性膝関節症に対する幹細胞培養治療に用いられます
  • 抗炎症作用の働きにより慢性疼痛に対する症状改善が期待されます
  • 外科的縫合を行った際の組織の修復に幹細胞培養が用いられることがあります
  • 更年期障害に対する緩和治療に幹細胞培養が用いられます
  • 幹細胞培養に糖尿病の症状緩和が認められました
  • 幹細胞培養を治療に用いた結果ダイエット効果が認められました
  • 男性機能の回復にも幹細胞培養が功を奏すると考えられています
  • 骨折の回復治癒も幹細胞培養治療の効果で早まる可能性があります

最低限の技術力や設備は欠かせない

細胞

幹細胞培養を行うためには、高い技術力や充実した設備が必要です。もし、そういった要素が不十分なままで幹細胞培養のビジネスを始めたり継続したりしてしまえば、期待した効果が得られないどころか、トラブルに発展する恐れがあるので要注意です。

それぞれの種類の特徴を把握

女性

幹細胞培養には、人の他に動物や植物の細胞を用いたものがあります。人の細胞を用いたものはもちろん人との相性が良いですが、その分使用するためのハードルが高いです。そして人に近い動物の細胞は、同じ動物である人への高い効果が期待できる反面、安全性への懸念があります。また植物由来の細胞は幹細胞培養でも、動物由来とは異なる立ち位置にあり、同じように使用することができません。そういった違いを把握した上で、どれを選ぶかが大切です。