エイジングケアコスメで注目!ヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液とは、ヒト由来の間葉系幹細胞を培養したものです。培養液から幹細胞を取り出した後の液体をコスメなどに応用しています。

オススメのエイジングケアコスメの特徴TOP5

no.1

ヒトのへその緒由来の幹細胞培養液を使っているもの

プラセンタよりも高い栄養成分が含まれており、年齢を重ねることで滞りがちになった肌の再生効果を促します。

no.2

プロビタミン配合のもの

パンテノールと呼ばれるビタミンB群は肌の再生を促すため、肌のトリートメントにおすすめです。

no.3

酵母菌やミネラル配合のもの

肌のきめを整え、栄養成分をしっかり肌に届けてくれます。ミネラル分が肌の再生を促してくれます。

no.4

無添加は絶対的に必要

合成成分や防腐剤配合の化粧品は、肌へ大きく負担をかけてしまいます。無添加処方はエイジングケアにマストです。

no.5

高濃度でじんわり肌に届く成分処方

低分子化など肌にしっかり浸透する処方のものは、保湿成分も肌の奥深くへ届きやすくなります。

顕微鏡

拒絶反応のリスクが小さい

負傷したヒザ関節などをケアするために使われる幹細胞培養という治療法は、危険性があるのではないかと心配してしまう人もいますが、安全性の高さは専門家も認めています。他人の幹細胞を体内に入れるのではなく、患者自身から抽出された幹細胞を体内に入れるので、拒絶反応のリスクを気にしなくていいのが魅力です。スポーツのトレーニングを続けているうちに、ヒザ関節などがダメージを受けてしまって足を動かすのも辛いと感じることが増えたら、まずは幹細胞培養の知識も豊富なクリニックを頼ってください。信頼できるクリニックでなければ幹細胞培養に関する知識が不十分で、どういった症状に適用できる治療法なのかも分からず、幹細胞培養治療が始まるのが遅れてしまう可能性もあります。厚生労働省から認可を受けた施設で幹細胞培養を行っていることを明言するクリニックも増えており、どういった施設を活用しているのか確かめてから治療を始めることも重要です。

手軽に治療をスタートできる

ヒザ関節を治療するために大がかりな手術を受けるのは嫌で、どうやって怪我を治したらいいのか分からない時に幹細胞培養は役立ちます。特殊な注射器を使ってヒザ関節などに培養した幹細胞を注入するだけで、怪我をしていたり病気を発症していたりする関節をケアできるのが魅力です。日帰りで治療を受けられるクリニックも増えており、関節をケアするために入院するのは嫌だという人にも合っていて、治療中に強い痛みが発生する心配もありません。怪我や病気の状態によっては注射器で幹細胞を投与した後に、すぐに歩けるようになって自分の足で自宅に帰ることも可能です。関節の痛みが酷いので大がかりな手術を受けると考えていた方々も、まずは幹細胞培養に関する説明を受けてください。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3